少林寺拳法連盟は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月22、23日に香川県の善通寺市民体育館で予定されていた全国高校選抜大会を中止にすると明らかにした。

 佐賀県からは男女団体の武雄と個人計15選手が出場予定だった。県高校体育連盟の高森英文少林寺拳法専門委員長は「選手の調子も良く、上位が狙えると思っていただけに残念。ただ、生徒の安全を考えると、中止は仕方ない」と受け止めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加