小城市内3小学校の給食室を廃止し、新しい給食センターでの一括調理を計画している小城市は、一般会計当初予算案に用地取得費など6431万円を計上した。対象校の保護者からは、学校で調理する「自校式」の継続を求める声が出ており、江里口秀次市長は21日の記者発表で「不安を解消できるよう対話を続けていく」と述べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加