落語とあんこのイベント「寺ん子寄席」が24日、佐賀市与賀町の水月寺(板橋博道住職)で初めて開かれた。家族連れら約90人が来場し、落語や音楽のほか、ぜんざいなどの振る舞いを楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加