「お雛さまと鯉のぼり展」を開いている石田由美子さん=基山町のアトリエ石田

 ガラスで作った「お雛(ひな)さまと鯉のぼり展」が、基山町宮浦のアトリエ石田で開かれている。ガラスに描かれたカラフルなおひなさまやかぶと飾りなど約150点が飾られ、来場者を楽しませている。3月15日まで。

 会場に並ぶのは、透明な板ガラスの上にさまざまな色のガラスで絵を描き、焼き溶かして融合させるフュージングという手法を使って制作された作品が中心。赤や緑、ピンクなど多彩な色ガラスを使って、かわいいひな人形や、悠然と泳ぐこいのぼりなどを表現している。

 卓上などに置くことができるガラス飾りのほか、皿やはし置きなど実用的な作品もある。同アトリエの石田由美子さん(62)は「ガラスの透明感を大事にしており、爽やかな感じに仕上がった。ぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。問い合わせはアトリエ石田、電話0942(92)1289。

このエントリーをはてなブックマークに追加