2011年のニュージーランド地震で日本人28人が死亡したビル倒壊を巡り、被災地クライストチャーチ市のダルジール市長は25日、都内で日本人遺族と面会し、謝罪した。遺族が面会後に明らかにした。ビル建築を許可した市の道義的責任を認めたものとみられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加