財務省と金融庁、日銀は25日、同日午後5時半から幹部による情報交換会合を財務省で開くと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が影響して世界的に株価が下落しており、市場動向について協議するとみられる。

 財務省の武内良樹財務官や金融庁の遠藤俊英長官、日銀の前田栄治理事らが出席。会合後、武内氏が取材に応じる見通し。

 中国を震源とする新型肺炎は、拡大に歯止めがかからず、世界的な景気悪化を招くとの懸念が強まっている。25日の東京株式市場では日経平均株価の下げ幅が一時1000円を超えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加