■出産リスク乗り越え 佐賀市の国立病院機構佐賀病院で、自然妊娠による三つ子の赤ちゃんが誕生した。三つ子が自然に産まれる確率は十数万分の一で、県内では15年に1度の割合。1000グラム未満の出産にはリスクもあったというが、周産期医療の充実もあり、赤ちゃんはすくすく育っている。