■出産リスク乗り越え 佐賀市の国立病院機構佐賀病院で、自然妊娠による三つ子の赤ちゃんが誕生した。三つ子が自然に産まれる確率は十数万分の一で、県内では15年に1度の割合。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加