クルーズ船「飛鳥2」を運航する郵船クルーズ(横浜市)は24日、3~4月に出発を予定していた国内外でのクルーズを中止すると発表した。「国内での新型コロナウイルス感染の拡大状況などを踏まえ、お客さまの安心安全を最優先に検討した」と説明した。

 郵船クルーズによると、飛鳥2は日本船籍最大のクルーズ客船で、乗客定員は872人。中止の対象には、4月に国内の港を出発し、103日かけて世界を一周するクルーズも含まれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加