Q 父が1年前に亡くなりました。父が知人のローンの連帯保証人になっていたらしく、私のところにローン会社から請求がきました。父が連帯保証人になっていたことは聞いていませんでしたし、父の知人は私の全く知らない人です。支払わなければいけないのでしょうか。

 A お父様が1年前に亡くなっているため、相談者の方はお父様の相続人になります。相続は不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続します。連帯保証人の地位も同様に相続によって引き継ぐことになります。

 そのため、お父様が連帯保証人になっていることを知らなかったとしても、また、ローンを組んだお父様の知人がどういう人か知らなくても相続人として支払い義務を負うことになります。その場合、相続人が複数いる場合は債権者が請求できる割合は法定相続分となります。例えば、相続人が母と子2人だとすると、母が2分の1、子が4分の1ずつの割合となります。

 相続した債務の支払いを免れる方法として相続放棄を家庭裁判所に申し立てることができます。相続放棄は、マイナスの財産だけでなくプラスの財産も全て相続しないことになりますので、プラスの財産とマイナスの財産でどちらが多いのかを見極めて相続放棄するかどうかを決めることになります。

 また、相続放棄は相続の開始があった時から3カ月以内にしなければいけません。ただし、相続する財産や借金があることを認識できた時から3カ月以内であれば申し立てが認められることがあります。

 したがって、相談者の方もお父様が1年前に亡くなっていたとしても相続放棄が認められる可能性があります。その場合、家庭裁判所に被相続人の債務があることを知ったきっかけや時期などを説明する必要があります。

 相続放棄には3カ月という期間制限がありますので、相続人として債務の返済を求める請求が来た場合はすぐに弁護士にご相談ください。

(弁護士 補伽圭史郎 鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加