24日、ソウルの国会前を消毒する作業員(聯合=共同)

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ソウル共同】新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国保健福祉省は24日、死者が2人増え計8人になったと発表した。感染者も231人増え、計833人。感染者の国会訪問も判明し、同日開催予定の本会議が延期になったほか、最高裁は全国の地高裁に緊急性のない裁判の延期を勧告。サッカーKリーグの延期も決まるなど社会生活に大きな影響が出始めた。

 韓国では南東部・大邱市にある新興宗教団体「新天地イエス教会」の教会信徒や、大邱市南方の清道郡の病院に入院していた患者らの集団感染が発生。合わせて少なくとも569人が感染した。同病院では24日発表の2人を含め計6人が死亡した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加