ヤンキース戦の2回、オープン戦初打席で投手強襲安打を放つレイズ・筒香=ポートシャーロット(共同)

 ヤンキース戦のベンチでスネル(左)とタッチを交わすレイズ・筒香=ポートシャーロット(共同)

 【ポートシャーロット(米フロリダ州)共同】米大リーグは23日、各地でオープン戦が行われ、レイズの筒香はフロリダ州ポートシャーロットでのヤンキース戦に「5番・左翼」の先発で初出場し、1打数1安打、1四球だった。チームは9―7で勝った。

 同じく初出場となったレッズの秋山はホワイトソックス戦に「1番・中堅」で先発し、3打数1安打だった。チームは2―7で敗れた。

 マリナーズの菊池はレンジャーズ戦に先発で初登板し、1回1/3を4安打3失点(自責点2)で2三振2四死球だった。同僚の平野は4番手で初登板し、本塁打を浴びて1回を1安打1失点。チームは5―7で負けた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加