第四章 百折不撓(三十五)​「それで、どこにつけた」 女が泣きそうな顔で答える。「福岡藩船手組です」「帳簿を見せてくれ」 林が走り去ると、主人から帳簿を借りてきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加