慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬スプリセル(一般名ダサチニブ)に関して、効果があった患者のうち、約55%が3年以上服用した後に中止しても再発しなかったとの試験結果を佐賀大学医学部の木村晋也教授(血…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加