「高速道をさらに西へ」-都市圏との時間短縮をセールスポイントに、企業や観光客誘致に期待が高まる中で1987(昭和62)年、武雄市朝日町の武雄北方インターチェンジ(IC)が開通した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加