女性騎手が争う「レディスヴィクトリーラウンド」の第2ラウンドは22日、佐賀県鳥栖市の佐賀競馬場で行われた。佐賀競馬所属の岩永千明騎手=白石町出身=が2レースの着順のポイントの合計で42点を獲得し、第2ラウンド優勝を果たした。

 岩永騎手は第1戦の6R(1400メートル)で1番人気のロージズレイに騎乗し、2馬身半差をつけて1着に入った。第2戦の8R(同)は高知競馬所属の濱尚美騎手が3番人気カガプラナスで制し、岩永騎手は4着だった。

 岩永騎手は4日に高知競馬場で開かれた第1ラウンドとの総合ポイントを60点とし、7騎手の中でトップに立った。最終第3ラウンドは3月12日、名古屋競馬場で開かれる。 

このエントリーをはてなブックマークに追加