鳥栖-川崎 後半、パスを出す鳥栖DF森下龍矢(右)=川崎市の等々力陸上競技場

 大卒ルーキーのDF森下龍矢が右サイドバックで先発出場し、J1リーグデビューを果たした。ルヴァン杯・札幌戦(16日)で鼻を骨折しながら強行出場。豊富な運動量を武器に攻守で奮闘したが、森下は「歯が立たなかった。次に対戦する時は全然違うサガン鳥栖を見せる」と意気込んだ。

 序盤は相手に背後のスペースを突かれる場面もあったが、徐々に修正。攻撃時にはスピードに乗った突破からクロスを入れた。

 相手には大学サッカーでしのぎを削った同学年のMF三苫薫(筑波大)がおり、試合前は「絶対負けたくない」と気持ちが高ぶった。しかし、ゲームに入るとチーム第一でプレー。「三苫を1対1で負かしたいともやもやしたが、勝利のために徹した」とライバルの動きに冷静に対応した。

 「川崎の選手は止める、蹴る、見るの質が高い。しっかり見習い、自分もJ1で活躍できる選手になる」。デビュー戦で味わった悔しさを糧に、レベルアップを図っていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加