日本損害保険協会は19日、小城市消防団に軽消防車1台を贈った。四輪駆動で小回りが利き、砂利道や狭い道でも走行できるのが特長で、昨年8月末の豪雨で土砂崩れや浸水の被害を受けた牛津町砥川地区に配備される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加