第15回佐賀市社会福祉大会が19日、市文化会館で開かれた。県歯科医師会常務理事で、陣内歯科医院(同市白山)の陣内重雄院長が基調講演し、歯科医の視点から考える糖尿病や介護予防について語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加