【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会で22日、男子73キロ級の大野将平(旭化成)、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)、同63キロ級の田代未来(コマツ)が優勝し、東京五輪代表入りが決定的になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加