道に迷った高齢女性を助け、感謝状が贈られた関口颯馬君(左)と倉光遼君=唐津署

 道に迷(まよ)った高齢(こうれい)女性(じょせい)を交番まで送(おく)り届(とど)けたとして唐津署(からつしょ)は12日、唐津市の成和小4年、倉光(くらみつ)遼(りょう)君と関口(せきぐち)颯馬(そうま)君に感謝状(かんしゃじょう)を贈(おく)りました。徘徊(はいかい)していた高齢者が事件(じけん)事故(じこ)に巻(ま)き込(こ)まれるケースが増(ふ)えており、同署は「人を思いやる優(やさ)しい心が人命救助につながった」と2人の行動をたたえました。
 2日午後2時20分ごろ、同市和多田で散歩をしていた2人は、路上で90代女性から「唐津はどこですか」と声を掛(か)けられました。「ここですよ」と答えるも、女性は理解(りかい)できていない様子で、心配になった2人は、近くの関口君の自宅(じたく)に買い物袋(ぶくろ)を置いた後、すぐに戻(もど)りました。女性が「自宅が分からない」と話したため、「(自分たちの)家に連れて行くより早い」と交番を目指して歩きました。
 交番まで約600メートル。女性の手を倉光君が握(にぎ)り、3人で歩きました。途中(とちゅう)で女性は「あなたたちがいなかったら泣いていた」と漏(も)らし、交番を後にする2人に「ありがとう」と声を掛けたといいます。女性にけがはなく、その後、市内のグループホームで生活していることが分かりました。
 関口君は「事故が多いので助けてよかった」と胸(むね)をなで下ろし、倉光君は「あのおばあちゃんが安心して暮(く)らせるよう、事件や事故が少なくなってほしい」と願っていました。(14日付19面)

このエントリーをはてなブックマークに追加