野党は22日、法務省が黒川弘務東京高検検事長の定年延長を巡る法解釈変更の経緯を記した文書に関し「口頭による決裁を経た」と21日夜に発表したことについて「口頭決裁は存在しない」と反発した。森雅子法相が国会で虚偽答弁をした疑いがあるとみて徹底追及する方針だ。

 立憲民主党などの会派で無所属の小川淳也氏は「口頭では決裁と言わない」と指摘。法務省が森氏の国会答弁との整合性を図るため、21日夜に発表したとみている。国民民主党の原口一博国対委員長は「虚偽の可能性が高い」とした。

 共産党の穀田恵二国対委員長は「口頭でいいなら、正式な決裁とは一体何なのか」と問題視した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加