対戦形式の練習に登板したヤンキース・田中=タンパ(共同)

 米大リーグ、ヤンキースの田中は21日、フロリダ州タンパでのキャンプで2度目となる対戦形式の練習に登板し、打者延べ11人に対して3安打、4三振だった。「全体的に良かった。真っすぐ、変化球ともに感触は良かった」とゆっくりうなずいた。

 ガードナーら主力を相手に「抑えた、打たれたというのは全然重要ではない」と自らのテーマを優先してマウンドへ。スプリットやスライダーなど全球種を試した。ラメーヒューには柵越えを許したが「自分の投げたい球を優先していった」と平然としていた。

 オープン戦初登板は26日(日本時間27日)に決まり「全てにおいて上げていかないと」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加