鹿島祐徳ロードレース大会の中止を発表する鹿島市体育協会の織田正道会長=鹿島市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県内でもイベントの中止が相次いでいる。22日からの3連休に予定されていた鹿島市の「第69回鹿島祐徳ロードレース大会」や佐賀市の「天皇陛下のご即位をお祝いする佐賀県民の集い」なども開催が見送られた。3月の卒業式シーズンも控え、教育委員会は対応に頭を悩ませている。

 23日開催予定だった鹿島祐徳ロードレース。主催する鹿島市体育協会はアルコール消毒液やランナー用のマスク、非接触型の体温計などを用意して準備を進めていたが、福岡市での感染者確認を受けて再検討した。体育館内に千人以上が出入りする状況やスタート時のランナーの密集度から予防が困難と判断、半数以上が県外から参加することも踏まえて中止を決めた。

 22日に予定していた天皇陛下のご即位をお祝いする佐賀県民の集いも延期を決定。佐賀市文化会館での式典と中央大通りでのパレードで計約2500人の参加を見込んでいた。23日に嬉野市社会文化会館リバティで予定されていた「忍者フェスタ」は、アルコール消毒液の配置やスタッフのマスク着用など対策を講じて開催する。

 県によると、29日に佐賀市で開かれるプロ野球オープン戦の埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズは予定通りの見込みだが、花束贈呈など選手と一般客との接触が予想される交流イベントは中止する。

 武雄市は3月21、22日に開催予定だった「アジアンフード&マーケット」を中止する。食を中心に特産品や雑貨の販売店やフリーマーケットなど約50店が出店を申し込んでいた。開催地周辺への聞き取りでは、開催に賛成する意見は少なかったという。

 佐賀市教育委員会は小中学校の卒業式実施の可否を検討している。中学校は3月7日、小学校は同19日。「刻々と状況が変わっており、早急に対応したい」としている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で中止、延期が決まった県内のイベント

 嬉野市民公開講座(22日、嬉野医療センター)=中止◆新幹線開業を地域にどう活かすかを考えるシンポジウム(24日、武雄市文化会館)=中止◆第144回からつ塾(29日、唐津ビジネスカレッジ)=中止◆中町青空大食堂(3月1日、唐津市の中町商店街など)=中止◆第25回公認歌垣の郷ロードレース大会(3月8日、白石町総合運動場)=中止◆前田病院第44回ロビー音楽会(3月10日、伊万里市の同院)=中止◆第145回からつ塾(3月14日、唐津ビジネスカレッジ)=中止

このエントリーをはてなブックマークに追加