自民党女性局は、憲法議論を活性化しようと党の考え方をまとめた小冊子を作成した。女性局次長で憲法改正担当の古川康衆院議員(比例九州・唐津市)らが中心になってまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加