鳥栖市が実施設計の概要を発表した新庁舎。宮崎県東部沖合の海域などで想定されている南海トラフ地震などに対応する防災拠点で、2022年3月完成を目指す。主なポイントを紹介する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加