千葉県野田市立小4年の栗原心愛さんが死亡した虐待事件で、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)は21日、千葉地裁の裁判員裁判初公判で「娘にしてきたことはしつけの範囲を超える。深く反省している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加