2007年、11年に続き保守分裂となった鳥栖市長選は、現職の橋本康志氏(59)が、自民が推薦する中村圭一氏(45)ら新人2人を6千票以上の大差で破り、3選を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加