昨年12月。白血病の子どもの闘病生活を見守った家族が、知事宛てに切実な思いをつづった手紙を送った。「精神的にも経済的にも厳しかった。少しでも再接種の助成をしてもらえたらうれしい」

 予防接種は10~15種類ほどあり、1種類1万円程度かかる。幼少時に受ける定期接種は、自己負担はない。だが、定期接種後に小児がんや白血病の治療で「造血幹細胞移植」を行った場合、それまでに接種したワクチンによる免疫が失われる。再接種は公費補助がなく、自己負担。県は新年度、全額負担する経費約100万円を当初予算案に盛り込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加