書道7段で受賞を重ねている古賀妃奈乃さん

 鹿島小6年の古賀妃奈乃さんは書道7段。2年の時に始め、3年の時から硬筆や毛筆で県入選を重ねています。七夕書き方会の毛筆では、2018年から2年連続で県特選を受賞しました。

 はまさき書道教室(鹿島ララベル教室)で週2回、基礎を学び、表現力を磨いています。園児や大人の人もいて、幅広い人たちとの交流も楽しいそうです。

 読書感想文や理科の自由研究でも受賞を重ねている古賀さん。今の目標は「春に書道で8段になり、特待生に昇格すること」と意気込みます。指導する野口綾香(琴月)先生は「文字は心を表すことができる。自分の文字で気持ちを伝えてほしい」と期待しています。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加