東京都内の巨大マンション

 不動産経済研究所が20日発表した2019年の全国のマンション発売戸数は前年比12・0%減の7万660戸で、1976年(4万9955戸)以来、43年ぶりの低水準となった。減少は3年ぶり。1戸当たりの平均価格が0・6%上昇の4787万円と3年連続で過去最高を更新するなど価格が高止まりし、売れ行きが鈍ったことで業者が新規物件の供給を絞った。

 高値は建設の人件費や土地代の上昇によるもので、特に値上がりが顕著な首都圏で消費者が購入に慎重になっているという。担当者は「この傾向は地方にも広がりつつある」と分析。20年の発売戸数はほぼ横ばいの7万戸と予想した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加