日本最大級の木造塔で、古都・奈良のシンボルとして知られる興福寺五重塔(奈良市、国宝)について、奈良県は20日、修理を前提とした調査を2020年度から始めると発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加