3月21日に閉店することを掲示して客に知らせている積文館書店佐賀駅店=佐賀市駅前中央1丁目

 佐賀県佐賀市のJR佐賀駅構内にある積文館書店佐賀駅店が3月21日で閉店することが19日分かった。42年余り、県民や通勤通学、旅行客ら駅利用者を中心に親しまれた同店。閉店の理由について「同業他社との競争や、駅周辺の環境の変化などを受けての経営的な判断」と説明した。

 佐賀駅店は1977年、積文館書店(福岡)の県内2号店となるデイトス店として開店した。店舗面積は約330平方メートルで、郷土史コーナーの設置や佐賀に関する本を充実させるなど、地元に根差した書店づくりに取り組んできた。

 近隣の大型店舗との競争や佐賀駅前のスーパー撤退などが影響し、売り上げはピーク時の約3分の1に減少していたという。担当者は「本が好きなお客さまに恵まれ、愛されてきた店だった」と話した。

 積文館書店は、県内に、コンビニ一体型の三日月店や、TSUTAYA積文館書店佐大通り店など、佐賀駅店を含む8店舗を展開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加