昨年11月、佐賀県ミニバスケットボール女子交歓会で

 昨年6月の県学童オリンピック・ミニバスケットボール女子で、5年ぶり5回目の優勝を果たした「長松クイーンズ」。2~6年の36人が毎週4日、長松小体育館で練習に励んでいる。「楽しく、激しく、賢いプレーを目指しています」と吉田泰文コーチ(51)。九州大会7回、全国大会4回出場の実績があり、これからも全国大会出場を目標に切磋琢磨(せっさたくま)する。(地域リポーター・古川ゆかり・唐津市)

 

 石原 梨愛(りあ)さん(長松小6年)

 姉や友達に誘われて3年生から始めました。最初はきつかったけど今は楽しくプレーでき、シュートが決まると格別です。

 

 小峰 心愛(こあ)さん(長松小6年)

 小柄なので技術を磨いてディフェンスやシュートを頑張ってます。将来は赤ちゃんに携わる仕事がしたいです。

 

 前田 彩葉(いろは)さん(長松小6年) 

 5年生の時、テレビの試合を見てかっこいいと思い、始めました。コーチに褒められ、上手になって楽しい。憧れは美容師です。

 

 山田 愛絆(あいり)さん(鬼塚小6年)

 姉の勧めで2年生で始め、クイーンズには4年生から参加しています。みんな仲良しで、バスケ関連の本や漫画が大好きです。

 

 楢崎 星(あかり)さん(長松小6年)

 みんな明るくてコーチが優しいので楽しいです。チワワを2匹飼っているのでトリマーになりたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加