台風19号による大雨で増水し氾濫した千曲川=2019年10月(共同通信社ヘリから)了

 気象庁は19日、東日本から東北に大きな被害をもたらした昨年10月の台風19号を「令和元年東日本台風」と命名した。千葉県を中心に大規模停電などの被害が出た昨年9月の15号も「令和元年房総半島台風」と名付けた。

 台風の命名は1977年に鹿児島・沖永良部島に甚大な被害が生じた沖永良部台風(台風9号)以来で約42年半ぶり。

 気象庁の関田康雄長官は同日の定例記者会見で「15号は停電で社会的な影響が大きかった。19号は大量の雨で非常に広い範囲で洪水が起きためったにない現象だ。災害の経験や教訓が後世に効果的に伝承されるよう努めていきたい」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加