つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)が、東京新聞の記事を無断でコピーして社内の電子掲示板に掲載し、全従業員が閲覧できるようにしていたのは著作権侵害に当たるとして、発行元の中日新聞社(名古屋市)は17日、約1250万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 茨城県つくば市と東京・秋葉原を結ぶTXは2005年8月に開業。中日新聞社によると、無断使用についての情報提供があり、首都圏新都市鉄道に説明を求めたところ、05年9月~19年4月、許諾を得ずに毎年約300件の記事を使っていたとの回答があった。

 訴状によると、首都圏新都市鉄道は、東京新聞を含む複数の新聞から、TXや沿線地域に関係する記事を選び、「新聞掲載記事のお知らせ」として従業員に閲覧させていたとしている。

 中日新聞社は「長期間、組織的に著作権侵害を繰り返していた事実の重大性に鑑み、提訴した」としている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加