私は小さな子どもの母親と話す機会があるが、今の話題のトップは就園の話だ。

 3歳児からの幼児教育・保育が無償化になった。3歳になったら就園させたいが、すぐに受け入れてくれる園はほとんどない。もっと早く働きたいと思うが、多胎児は一度に2、3人の就園になるのでますます厳しい。多胎妊娠は安定期がなく、そのために退職したが、また仕事復帰しようとしても就園できなければ働けない。経済的負担も大きいのにと不安そうに話す。

 また、子ども・子育て支援新制度は、共働きをしていない家庭にはほとんどメリットがないという。以前は困った時に無認可の園が助けてくれたが、今はほとんどなくなり、仕事をしていないとどこも子どもを預かってくれない。一時預かりは、一度に数人預かる枠はほとんどない。また数人分の利用料が高く頻繁に利用できない。ファミリーサポートなどもそうだ。

 これは多胎に限ったことではない。昨今は園を確保するために就園の年齢はどんどん早くなる。せめて1歳までは子育てしたかったという母親も多い。

 一方、保育士不足は非常に深刻だ! その影響は園の保育のみならず、子育て支援にも大きく影響している。

 大丈夫か! みんなが悲鳴を上げている。安心して子どもを産み育てることができる社会になるのではなかったのか?(中村由美子・佐賀女子短大非常勤講師)

このエントリーをはてなブックマークに追加