受賞した木村真菜美さん(右から2人目)と木須千津子さん(同3人目)。右は「佐賀いのちを大切にする会」の林田紀子さん。左は国際ソロプチミスト佐賀有明の西岡久富美会長=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 国際ソロプチミスト佐賀有明(西岡久富美会長、17人)が17日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で20回目のクラブ表彰と支援金贈呈式を開いた。夢を生きる賞に佐賀市の木村真菜美さん(32)、社会ボランティア賞に同市の木須千津子さんが選ばれた。支援金は佐賀市の市民活動団体「佐賀いのちを大切にする会」に贈られた。

 木村さんは28歳の時に看護専門学校高等課程に入学し、現在は1人で子育てをしながら専門課程で学んでいる。木須さんは「KISUリトルアンサンブル」を主催しており、2001年から入場無料のボランティア公演を開催している。

 賞を受け取った木村さんは「遅いスタートで子育てと勉学の両立ができるか不安だった。今までやってきたことに自信が持てた」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加