東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 18日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日続落した。終値は前日比329円44銭安の2万3193円80銭で、2週間ぶりの安値。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う米アップルの販売不振が鮮明になり、日本企業の業績悪化にも懸念が広がって売り注文が膨らんだ。

 東証株価指数(TOPIX)は22・06ポイント安の1665・71。出来高は約11億5300万株。

 米アップルは17日、主に中国で委託生産している主力商品の「iPhone(アイフォーン)」の供給が不足するなどし、業績見通しを達成できないと発表した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加