貧困、飢餓の撲滅や地球環境の保全などを掲げる国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」をテーマにした中小企業向けの講座が18日午後1時半から、佐賀市白山の佐賀商工ビルで開かれる。SDGsの基礎を説明し、企業による取り組み事例の発表もある。

 SDGsは2015年の国連サミットで採択され、17項目の「ゴール(目標)」を設ける。講座では佐賀SDGs官民連携円卓フォーラムの大野博之幹事長が、SDGsに中小企業が取り組む意義などについて講話する。中村製材所(佐賀市)とアズマ(福岡県八女市)は実践例を報告する。

 佐賀市まちづくり自治基本条例企業向け啓発講座として同フォーラムが開く。参加無料で、定員50人程度。申し込みや問い合わせは佐賀SDGs官民連携円卓フォーラム(認定NPO法人地球市民の会内)、電話0952(24)3334へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加