木々に雪が降り積もった山間部=17日午後1時半ごろ、佐賀市大和町松瀬(撮影・鶴澤弘樹)

 佐賀県内は17日、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で日中も冷え込み、雪に見舞われた。佐賀地方気象台は、18日明け方にかけて山間部を中心に大雪になる恐れがあるとし、積雪や路面凍結による交通事故などへの注意を呼び掛けている。

 佐賀市三瀬村では、午前中から雪がちらつき始め畑や木々に降り積もっていた。交通量が多い三瀬トンネル付近の国道では電光掲示板で路面凍結の注意を呼び掛け、慎重に走る車の姿も見られた。

 同気象台によると、18日午前6時ごろまでに山間部、平野部で警報級の大雪になる可能性がある。18日午後6時までの24時間降雪量は、多いところで山間部は15センチ、平野部は5センチと予想している。

 NEXCO西日本によると、降雪状況によっては高速道で通行止めをする場合があり、県内では鳥栖ジャンクション-多久インターチェンジ間で通行止めの可能性があるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加