講師を務める陣内直さん(提供写真)

 一流指導者が理論に基づき合唱の楽しさを伝える公開レッスンが3月1日午後6時半から、佐賀市白山のエスプラッツで開かれる。札幌大谷音楽大非常勤講師の陣内直さんが、佐賀大の混声合唱団コーロ・カンフォーラのメンバーに合唱を教える。

 0歳児からの音楽教育に取り組む佐賀コダーイセンターが主催する。陣内さんは、ハンガリーのコダーイ音楽教授法研究所やリスト音楽院で学んだ。日本人として初めて合唱指揮、音楽教育、音楽理論教員の課程を卒業。全国で合唱や指揮法の指導をしている。

 ロッシーニの「ああ、救いなるいけにえよ」を題材に、転調やフレーズの繰り返しなど、曲の構成を分析しながら立体的な作品に仕上げていく。同センターの十時やよい代表は「歌ががらっと表情を変え、音程がぴたっとはまる気持ちよさは想像以上。本当のクラシックの楽しさを体感して」と呼び掛ける。

 聴講費は千円、高校生以下は500円(要事前申込)。問い合わせは同センター、電話とファクス0952(29)2367。

このエントリーをはてなブックマークに追加