佐賀市で26日に開かれる「第47回梅ぼしまつり」で、嬉野市の藤間幸豊社中のメンバーが明治時代から佐賀に伝わる民謡「梅ぼし」を披露する。

 まつりでは藤間とよ㐂久(ぎく)さんが舞踊、藤間豊春さんが唄を担当、三味線は藤間紅豊さん、鳴物は藤間幸和花さんが奏でる。アトラクションでは、演歌「嬉野川恋唄」などが楽しめる。

 第47回梅ぼしまつりは、佐賀市松原の楊柳亭で午後6時から。チケットは7千円(会席料理付)。佐賀市観光協会や佐賀商工会議所などで購入できる。

 問い合わせは、同観光協会、電話0952(20)2200。

このエントリーをはてなブックマークに追加