衆院予算委で、立憲民主党の辻元清美氏へのやじを飛ばした問題について謝罪する安倍首相=17日午前

 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、12日の予算委で立憲民主党の辻元清美氏の質問を受けた直後に「意味のない質問だ」とやじを飛ばした問題について「辻元氏に対し、質疑終了後、不規則な発言をしたことをおわびする」と謝罪した。「今後、閣僚席からの不規則発言は厳に慎むよう、首相として身を処していく」とも強調し、国会審議での言動に気を付ける意向も示した。

 野党が「議会制民主主義への冒涜だ」と反発し、謝罪を要求。13日に予定していた予算委は流会となった。公明党の山口那津男代表は「冷静に真摯に誠実に対応することを心掛けていただきたい」と自制を求めていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加