2019年の東京マラソンで、密集して都庁前を一斉にスタートする多くのランナー=東京都新宿区

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月1日に行われる東京マラソンで一般参加者の出場を減らす案が検討されていることが17日、分かった。大会を主催する財団は「あらゆる想定をしている。早く(対応を)決めたい」としている。

 東京マラソンは国内最大規模のレースで、今年は約3万8千人がエントリー。東京五輪の男子代表選考会を兼ねている。

 感染の広がりが深刻となり、出場資格を持つ中国在住者に対しては、参加自粛を呼び掛けている。医師や専門家の意見を取り入れる検討チームを1月に設け、各地点への消毒液の配備、希望者へのマスク配布などの対策を公表している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加