九州新幹線長崎ルートのロゴマーク(長崎県提供)

 長崎県は16日、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)が武雄温泉(佐賀県)―長崎で2022年度、暫定開業するのに向け、開業をPRするキャッチコピー「ふらり長崎 それもいい」と、海やステンドグラスのイメージをあしらったロゴマークを発表した。

 全国から応募があったキャッチコピー1097点とロゴマーク279点から、専門家による審査と県民の人気投票を経て最優秀賞を決めた。自治体などが広報活動に利用するほか、土産物のパッケージにも使われる。

 キャッチコピーには「長崎はいつどこに行っても魅力や発見があり、ふらりと訪れるのも趣がある」との意味を込めた。16日に県庁で開いたイベントで、コピーを考案した神戸市垂水区の元教諭大窪誠一郎さん(62)は「開業したら真っ先に新幹線に乗り、長崎の魅力を感じに訪れたい」と話した。ロゴマークの考案者は、東京都練馬区のグラフィックデザイナー米沢祐子さん(37)。

 長崎ルートは武雄温泉―長崎が22年度にフル規格で開業するが、新鳥栖(佐賀県)―武雄温泉は、佐賀県が財政負担などを理由に与党方針の全線フル規格に反対し、整備方式が決まっていない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加