気象庁は16日、上空に強い寒気が入る影響で、近畿から九州にかけての広範囲で17日から18日にかけて大雪の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。山地とともに、太平洋側の平野部でも警報級の大雪の可能性があり、交通機関の乱れに注意が必要だ。18日は東日本の日本海側で大雪の恐れがある。

 気象庁によると、18日にかけて、低気圧が発達しながら日本海を東寄りに進む。西日本から東日本にかけての上空約1500メートルには氷点下9度以下の寒気が流入。日本列島は西高東低で、強い冬型の気圧配置となる。

 17日午後6時まで24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で中国、九州北部15センチ、四国10センチ。18日午後6時まで24時間の予想降雪量は北陸40~60センチ、中国、近畿30~50センチ、九州北部、四国20~40センチ、九州南部10~20センチ。【共同通信】

■県内山間部、積雪の恐れ

 佐賀県内は16日から18日かけ、上空に強い寒気が流れ込み冬型の気圧配置が強まり、佐賀地方気象台は山間部を中心に積雪の恐れがあると警戒を促している。

 同気象台によると、17日昼前から雪が降りはじめ、午後6時までで、山間部で5センチ、平野部でも3センチの積雪が見込まれ、18日午前中まで降雪が続くとみている。最低気温は17日、佐賀市、伊万里市で4度、18日は、佐賀市で1度、山間部では氷点下も予想している。

 気象台は水道管や路面の凍結のほか、農作物や農業施設の管理などに注意を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加