「4・3・3」の攻撃的な新システムで挑んだ今季初戦。相手を上回る13本のシュートを放ち、好機の回数も多いなど内容はよかったが、ここぞの場面で決定力を欠いた。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「サポーターからしたらホームで0―3の敗戦は屈辱でしかない。