外国の文化を知り、互いの違いを認め合う国際理解講座が14日、佐賀市の開成小(蒲原博之校長)で開かれた。6年生83人が、中国、韓国、米国出身の国際交流員らの話に聞き入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加