繰り上げで中継所を出発する武雄市の笠原奈月(右)=29-30区中継所

 ○…前回から一つ順位を下げて12位と苦しんだ武雄市だが、女子中高生ランナーたちが力走し、来年以降の明るい材料となった。

 30区を担った笠原奈月(白石高)は繰り上げで中継所を飛び出すと、全国高校駅伝など大舞台でも見せた力を発揮。区間新記録の走りで差を2秒にまで縮めた。続く31区の髙木咲良(武雄中)も区間2位と快走し、流れを引き寄せた。若手の伸びしろは十分。1桁台順位への復帰に希望をつなげた。

このエントリーをはてなブックマークに追加