県内一周駅伝大会の閉会式では、8連覇を達成した小城市など5位までの入賞チームと、最優秀選手賞、優秀選手賞、新人賞を獲得した選手が表彰された。佐賀新聞社の坂田勝次常務や佐賀陸上競技協会の末次康裕会長、大会名誉会長の山口祥義知事ら関係者が、来年以降の大会のさらなる発展を願った。 

 

表彰一覧

 ■団体賞

 ▽躍進賞 唐津・玄海(前年より23分59秒短縮)

 ▽敢闘賞 杵島郡(前年8位から6位)

 ■表彰選手

 ▽最優秀選手賞 髙瀬桂(鳥栖市)

 ▽優秀選手賞 梶原有高(小城市)嘉村大悟(佐賀市)岡島慶典(嬉野・太良)

 ▽新人賞 島崎元希(鳥栖市)吉山侑佑(三養基郡)森井勇磨(小城市)ワークナー・デレセ(同)立石悠(同)山田一輝(同)平駿介(杵島郡)

 ▽個人敢闘賞 酒見範子(神埼・吉野ヶ里)大森常正(多久市)野中譲(武雄市)吉原一徳(杵島郡)野田聖(鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加